機密文書散乱を隠蔽…森友”震源”役人たちの懲りない体質

公開日: 更新日:

 大阪航空局&近畿財務局――。森友疑惑を勃発させたコンビが、片やゴミの裁断を怠った上に発表を延ばし、片や業者名を隠しているとは呆れた話ではないか。

 政治学者で元衆院議員の横山北斗氏が言う。

「役人は森友疑惑という大問題の教訓を生かす気がないのです。森友文書の改ざんに加えて防衛省のイラク日報も発見され、国民はいま、役所に慎重な文書管理を求めている。それなのに航空局と近財はいまだに管理がユルユルの隠蔽体質。役人は反省しない人種なのでしょう」

 この国の役人は心底ぶったるんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ココイチのバイトテロ「バカ投稿」代償はとてつもなく高い

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「林死刑囚は無罪」元大阪高裁判事が再審を請求したワケ

  4. 4

    元AKBが独学で開業した繁盛ラーメン店の「味の秘密」<1>

  5. 5

    パソナ1000%の衝撃!コロナと五輪でボロ儲けのカラクリ

  6. 6

    朝乃山に永谷園NG!CM契約解除は序の口、今後は針のムシロ

  7. 7

    田中みな実"チェーン店NG"に大倉忠義が放った父想いの一言

  8. 8

    31歳差で3度目…山寺宏一なぜアラサーとばかり結婚する?

  9. 9

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  10. 10

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

もっと見る