• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高騰が一転…野菜豊作で「サブウェイ」は盛り放題サービス

「豊作の影響により、野菜盛り放題のサービスを行います」

 サンドイッチの「サブウェイ」が今月27日の1日限定で、パンにのせられる限り盛り放題というキャンペーンを行う。

「3月から続いた好天の影響で野菜が豊作となっています。そのため、お客さまへ還元し、今後も適時、同様のキャンペーンを検討していきます」(日本サブウェイ広報担当者)

 少し前の野菜価格の高騰を思えば、まさしく隔世の感。1月は低温や少雨の影響から、ダイコンなどの根菜類やレタスの葉茎菜類までバカ高かったもの。

 農水省は最近まで「このまま野菜の高値は続く」と発表していたし、スーパーの店先で「500円」と書かれたキャベツを見て途方に暮れていた主婦は多かった。

 ところが、3月に入るとガラリ一変。初夏のような陽気が続き、桜はすぐに満開。野菜もスクスクと育っている。現在、都内近郊の安いスーパーでは、キャベツ(千葉県産)148円、レタス(静岡県産)98円、大根(神奈川県産など)98円ぐらいで売られている。あの高かった野菜は一体どこへ行ったのか。

 気象庁の6~8月予想によると、東日本、西日本の気温は平年より高め、降水量はほぼ平年並みという。つまり、猛暑というわけだ。

 暑いのはゴメンだが、野菜はモリモリ食べられるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る