高騰が一転…野菜豊作で「サブウェイ」は盛り放題サービス

公開日:

「豊作の影響により、野菜盛り放題のサービスを行います」

 サンドイッチの「サブウェイ」が今月27日の1日限定で、パンにのせられる限り盛り放題というキャンペーンを行う。

「3月から続いた好天の影響で野菜が豊作となっています。そのため、お客さまへ還元し、今後も適時、同様のキャンペーンを検討していきます」(日本サブウェイ広報担当者)

 少し前の野菜価格の高騰を思えば、まさしく隔世の感。1月は低温や少雨の影響から、ダイコンなどの根菜類やレタスの葉茎菜類までバカ高かったもの。

 農水省は最近まで「このまま野菜の高値は続く」と発表していたし、スーパーの店先で「500円」と書かれたキャベツを見て途方に暮れていた主婦は多かった。

 ところが、3月に入るとガラリ一変。初夏のような陽気が続き、桜はすぐに満開。野菜もスクスクと育っている。現在、都内近郊の安いスーパーでは、キャベツ(千葉県産)148円、レタス(静岡県産)98円、大根(神奈川県産など)98円ぐらいで売られている。あの高かった野菜は一体どこへ行ったのか。

 気象庁の6~8月予想によると、東日本、西日本の気温は平年より高め、降水量はほぼ平年並みという。つまり、猛暑というわけだ。

 暑いのはゴメンだが、野菜はモリモリ食べられるようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る