改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

公開日:

 今月、オウム真理教元代表の麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(63)ら7人の死刑が執行された。背景に、天皇陛下の生前退位に伴う改元を来年に控えていることがあると考えられている。時代の大きな節目には「恩赦」が適用されるからだ。

 近年では、1989年の昭和天皇崩御(約1017万件)や90年の天皇即位(約250万件)のほか、93年の皇太子の成婚時にも実施されている。93年は「特赦」90件、「減刑」246件、「(刑の執行)免除」10件、「復権」931件の計1277件が対象になった。

 はたしてオウムの犯罪者が恩赦になる可能性はあるのか。

 山口宏弁護士は、「注目は元幹部の林郁夫受刑者(写真)です。サリン事件の実行犯でありながら、最初に口を割って全容解明に“貢献”したことで、ひとりだけ死刑を免れた。論告求刑時点で無期懲役で、刑も確定しています。服役して20年以上、反省の姿勢を見せているため、有期刑に減刑する可能性もありますね」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る