協和発酵キリン 宮本昌志社長<4>一本のリポートで日本帰国

公開日:

 突如アメリカ勤務を命じられ、1998年3月、サンディエゴに家族で引っ越した宮本昌志。北米で医薬関連の情報収集や提携先の探索を行うキリンビールの子会社に出向する。38歳になっていて、任期は3年の予定だった。

 現地には、やがて医薬事業を牽引することとなる実力者が2人いた。

「頭の回転が速い2人に挟まれた僕は、ただボーッとしていました」

 苦手だった英語を嫌いではなくなったものの、新薬につながるネタを開拓するという本来の仕事では成果を得られない。そのまま2年が経過した時、何げなく一本のリポートを本社に送る。

 内容は、「医薬部門の情報システムは、アメリカの製薬会社のそれと比べてかなり劣っている。開発力を高めるために高度な専用システムに刷新すべき」、という提言だった。現場を動き回るうちに気づいたことだった。すると、本社の偉い人の目に留まる。偉い人はビールの生産部門から医薬の企画部門のトップになったばかり。名前は山角健(後に協和発酵キリン副社長)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る