東芝は7000人削減 間接部門のベテラン社員どうすればいい

公開日:

 東芝は8日、「中期経営計画」を発表し、2019年からの5年間で約7000人のリストラを打ち出した。東芝は50歳以上の従業員が多く、毎年1000人の定年退職が出る自然減と1500人の早期退職を募り、若返りを図る。

「東芝は医療部門や半導体メモリーなど、事業の売却が相次ぎました。“現場”が激減した結果、総務や経理など“間接部門”の余剰人員は半端ではなく、中でも高給取りのベテラン社員が標的にされた形です」(東芝関係者)

 間接部門のリストラは東芝に限らない。

 富士通も先月、5000人規模の配置転換を発表。間接部門を対象に研修を実施した上で、営業やSEに配置転換する。

「配置転換と称していますが、実際は間接部門のベテラン社員のリストラと受け止められています。若い人なら現場に移ってもやっていけるかもしれないが、例えば、長年、経理畑を歩んだベテラン社員は、今さら営業やSEは難しいでしょう。結果的に退社に追い込まれる中高年も多いと思います」(業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る