国際人権団体がスー・チー氏に授与していた“人権賞”を撤回

公開日:  更新日:

「恥ずべき裏切り行為だ」――。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは12日、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相に授与していた“人権賞”を撤回すると発表した。

 理由は、スー・チー氏が2016年に事実上の政権トップに就いた後、国軍によるイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害やメディア弾圧を阻止しようとしなかったため。アムネスティは「弁解の余地もない」「もはや、あなたは希望や勇気の象徴ではない」と厳しく批判した。

 アムネスティは、民主化運動指導者として軍事政権に軟禁されていたスー・チー氏に09年、人権擁護で活躍した人に贈る「良心の大使」賞の授賞を決定。軟禁解除後の12年に授与した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る