相澤冬樹
著者のコラム一覧
相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者

大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。

夫婦関係は継続? 検事の“余計なお世話”を裁判官が退けた

公開日: 更新日:

三輪検事「事件によっては離婚するケースもあります」

 いや、そうかもしれんけど、余計なお世話でしょ。だいたい目の前の籠池夫妻を見ていれば、ラブラブぶりは一目瞭然じゃないの。三輪検事の方こそ何かあったのかと心配になる。それも余計なお世話か。

 いずれにせよ、この質問は野口裁判長が「必要ないものと考えます」と一刀両断で退けた。

 コワモテ堀木博司検事との間でもバトルがあった。大阪府への補助金申請について繰り返し質問する堀木検事に籠池さんが「何回も同じこと言わさないでください」。

 すると、

堀木検事「言ってることがわからないから何回も同じこと聞くんですけど」

 堀木検事は見た目がイカツイし言葉もキツいことがあるが、検察内での評判によると、実は結構いい人らしい。そうでなければ「大好きよ~」などと言ってくる諄子さんの相手はしないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る