11月に日本初の武器見本市…“死の商人”が幕張に3日間集結

公開日: 更新日:

 サウジアラビアの東部・アブカイクなどにある世界最大の石油基地が攻撃、爆破された事件の展開に世界中が注目している。事件をめぐっては、隣国イエメン政府と対立する同国の武装組織「フーシ派」が犯行声明を出しているが、サウジアラビア主導の連合軍は攻撃に使われた武器がイラン製だったと発表。米国のポンペオ国務長官もイランを非難するなど、イラン犯行説が“主流”になりつつある。

 NATO(北大西洋条約機構)のストルテンベルグ事務総長は16日、米国やイラン、サウジによる報復戦争の可能性について「非常に懸念している」と危機感をあらわにしたが、仮に米イが全面対決に突入すれば、イランを敵視するイスラエルが参戦するかもしれない。

 世界中がコトの行方を固唾をのんで見守っているのも当然だが、そんな状況を舌なめずりしているのが各国の武器商人。連中にとっては黒幕が誰であろうと関係ない。紛争が起これば武器が売れて儲かるからだ。そんな“死の商人”が集まるイベントが11月18日から3日間、千葉・幕張メッセで開かれる。日本初の武器見本市「DSEI JAPAN」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

もっと見る