11月に日本初の武器見本市…“死の商人”が幕張に3日間集結

公開日: 更新日:

 サウジアラビアの東部・アブカイクなどにある世界最大の石油基地が攻撃、爆破された事件の展開に世界中が注目している。事件をめぐっては、隣国イエメン政府と対立する同国の武装組織「フーシ派」が犯行声明を出しているが、サウジアラビア主導の連合軍は攻撃に使われた武器がイラン製だったと発表。米国のポンペオ国務長官もイランを非難するなど、イラン犯行説が“主流”になりつつある。

 NATO(北大西洋条約機構)のストルテンベルグ事務総長は16日、米国やイラン、サウジによる報復戦争の可能性について「非常に懸念している」と危機感をあらわにしたが、仮に米イが全面対決に突入すれば、イランを敵視するイスラエルが参戦するかもしれない。

 世界中がコトの行方を固唾をのんで見守っているのも当然だが、そんな状況を舌なめずりしているのが各国の武器商人。連中にとっては黒幕が誰であろうと関係ない。紛争が起これば武器が売れて儲かるからだ。そんな“死の商人”が集まるイベントが11月18日から3日間、千葉・幕張メッセで開かれる。日本初の武器見本市「DSEI JAPAN」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る