上原が胴上げ投手に Rソックス6年ぶり優勝

公開日: 更新日:

 日本人リリーバー2人が112年の球団の歴史に名を刻んだ。

 レッドソックスが3勝(2敗)と王手をかけて臨んだワールドシリーズ第6戦が、本拠地ボストンの「フェンウェイパーク」で行われ、6年ぶり8回目の世界一を達成。セットアッパーの田沢純一(27)は七回2死満塁のピンチに2番手で登板し、主砲クレイグを一ゴロに仕留めて3分の1回を無安打無失点。守護神の上原浩治(38)は九回を3人で締めて胴上げ投手となった。

 松坂大輔(現メッツ)、岡島秀樹(現アスレチックス3A)の2人の日本人投手が活躍した07年以来のワールドチャンピオン。本拠地でのワールドシリーズ制覇は、あのベーブ・ルースが在籍した1918年以来95年ぶりのことだ。

 前日の会見でジョン・ファレル監督が「熱狂的なファンと一体となって、雰囲気を共有したい」と話した通り、スタンドはレッドソックスネーションズといわれる大応援団で埋め尽くされた。その声援を受けたレッドソックスは終始、試合の主導権を握った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  5. 5

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る