• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上原が胴上げ投手に Rソックス6年ぶり優勝

 日本人リリーバー2人が112年の球団の歴史に名を刻んだ。

 レッドソックスが3勝(2敗)と王手をかけて臨んだワールドシリーズ第6戦が、本拠地ボストンの「フェンウェイパーク」で行われ、6年ぶり8回目の世界一を達成。セットアッパーの田沢純一(27)は七回2死満塁のピンチに2番手で登板し、主砲クレイグを一ゴロに仕留めて3分の1回を無安打無失点。守護神の上原浩治(38)は九回を3人で締めて胴上げ投手となった。

 松坂大輔(現メッツ)、岡島秀樹(現アスレチックス3A)の2人の日本人投手が活躍した07年以来のワールドチャンピオン。本拠地でのワールドシリーズ制覇は、あのベーブ・ルースが在籍した1918年以来95年ぶりのことだ。

 前日の会見でジョン・ファレル監督が「熱狂的なファンと一体となって、雰囲気を共有したい」と話した通り、スタンドはレッドソックスネーションズといわれる大応援団で埋め尽くされた。その声援を受けたレッドソックスは終始、試合の主導権を握った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る