上原が胴上げ投手に Rソックス6年ぶり優勝

公開日: 更新日:

 日本人リリーバー2人が112年の球団の歴史に名を刻んだ。

 レッドソックスが3勝(2敗)と王手をかけて臨んだワールドシリーズ第6戦が、本拠地ボストンの「フェンウェイパーク」で行われ、6年ぶり8回目の世界一を達成。セットアッパーの田沢純一(27)は七回2死満塁のピンチに2番手で登板し、主砲クレイグを一ゴロに仕留めて3分の1回を無安打無失点。守護神の上原浩治(38)は九回を3人で締めて胴上げ投手となった。

 松坂大輔(現メッツ)、岡島秀樹(現アスレチックス3A)の2人の日本人投手が活躍した07年以来のワールドチャンピオン。本拠地でのワールドシリーズ制覇は、あのベーブ・ルースが在籍した1918年以来95年ぶりのことだ。

 前日の会見でジョン・ファレル監督が「熱狂的なファンと一体となって、雰囲気を共有したい」と話した通り、スタンドはレッドソックスネーションズといわれる大応援団で埋め尽くされた。その声援を受けたレッドソックスは終始、試合の主導権を握った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る