「マー君争奪資金」捻出か? 大物メジャー選手FA移籍が本格化

公開日: 更新日:

 このオフのメジャーの移籍市場は、やはり田中将大(25)を中心に動いているということか。

 新入札制度(ポスティングシステム)が日米間で基本合意したこの週末にかけて、田中争奪戦で本命視されるヤンキース絡みの大物FA選手の移籍先がバタバタと決まり出したからだ。

 ヤンキースは黒田博樹投手(38)と1年16億円で再契約。さらにベルトラン外野手(36=カージナルスからFA)を3年45億円で獲得。一方、ヤンキースからFAになっていたカノー二塁手(31)は10年240億円でマリナーズ、グランダーソン外野手(32)は4年60億円でメッツに移籍した。

 ヤンキースは、カノーの莫大な要求を拒否。手広く補強をしながら、着々と田中資金をため込んでいる。同様に田中に熱心なドジャースは、豊富な外野手の放出を画策し、市場の動きを注視する。主力にFA選手を多く抱えるカブスが目立った動きをしていないのは、やはり田中にドカンと資金をつぎ込むつもりか。移籍金の上限を20億円に設定した上で、おのおのソロバンをはじいているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

  10. 10

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

もっと見る