日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マー君争奪資金」捻出か? 大物メジャー選手FA移籍が本格化

 このオフのメジャーの移籍市場は、やはり田中将大(25)を中心に動いているということか。

 新入札制度(ポスティングシステム)が日米間で基本合意したこの週末にかけて、田中争奪戦で本命視されるヤンキース絡みの大物FA選手の移籍先がバタバタと決まり出したからだ。

 ヤンキースは黒田博樹投手(38)と1年16億円で再契約。さらにベルトラン外野手(36=カージナルスからFA)を3年45億円で獲得。一方、ヤンキースからFAになっていたカノー二塁手(31)は10年240億円でマリナーズ、グランダーソン外野手(32)は4年60億円でメッツに移籍した。

 ヤンキースは、カノーの莫大な要求を拒否。手広く補強をしながら、着々と田中資金をため込んでいる。同様に田中に熱心なドジャースは、豊富な外野手の放出を画策し、市場の動きを注視する。主力にFA選手を多く抱えるカブスが目立った動きをしていないのは、やはり田中にドカンと資金をつぎ込むつもりか。移籍金の上限を20億円に設定した上で、おのおのソロバンをはじいているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事