専門筋に聞いた ソチ金メダル最有力・高梨沙羅の“敵”は?

公開日: 更新日:

――高梨の実力は本物と見ていいのですか?
「体重が軽い(43キロ)のが有利に働いています。技術的には助走の滑りが正確で、上半身に無駄な動きがないため、踏み切りから空中姿勢を作るまでがものすごく速い。踏み切りでスキーが無駄に動くと減速してしまいますが、高梨は風圧を受けずにスピードのロスなく飛び出しができているから、飛距離も出るのです。研究熱心なことも世界のトップに立つ要素の一つです」

――ライバルのヘンドリクソンは手ごわそうですが。
「(昨年8月の)右ひざの手術からの復調度合いにもよります。一度、ひざを痛めているので、故障する前のようにヒルサイズを越えていてもしっかりとテレマークを入れられるか。ヘンドリクソンは体よりも、精神的にどこまで回復しているかが高梨との勝負の明暗を分けると思います」


――高梨に不安はありませんか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る