スピード男子500M 勝つのは「感性」の長島か「爆発」の加藤か

公開日:  更新日:

 10日、スピードスケート男子500メートルにメダルが期待される長島圭一郎(31)と加藤条治(29)が登場する。
「長島は高校時代、先生に引率されてスキーに行ったが、ほとんど経験がないのに高度なターンも短時間でマスターした。その感覚の鋭さが先生を驚かせたそうです。世界一美しい滑りはそうした感覚の鋭さ、感性の良さから来るものでしょう」(スポーツライター・高野祐太氏)

 長島は「調整は好きではない」と言う。ソチ五輪のリンクは昨年のW杯も、去る3日の大会前の記録会も出なかった。それでもまったく気にしない。鋭い感性でリンクの特徴を一瞬でつかみ、それに応じた滑りをする自信があるからだろう。

 加藤は世界記録保持者として臨んだトリノ五輪は6位。前回も金メダル候補といわれながら、長島にも負けて銅メダル。関節が柔軟でしかもバネがあり、その高い身体能力から「加藤がハマったときの滑りには誰も勝てない」といわれてきた。だが、五輪本番では不発。そこから出した結論が「ピーキング」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る