• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スピード男子500M 勝つのは「感性」の長島か「爆発」の加藤か

 10日、スピードスケート男子500メートルにメダルが期待される長島圭一郎(31)と加藤条治(29)が登場する。
「長島は高校時代、先生に引率されてスキーに行ったが、ほとんど経験がないのに高度なターンも短時間でマスターした。その感覚の鋭さが先生を驚かせたそうです。世界一美しい滑りはそうした感覚の鋭さ、感性の良さから来るものでしょう」(スポーツライター・高野祐太氏)

 長島は「調整は好きではない」と言う。ソチ五輪のリンクは昨年のW杯も、去る3日の大会前の記録会も出なかった。それでもまったく気にしない。鋭い感性でリンクの特徴を一瞬でつかみ、それに応じた滑りをする自信があるからだろう。

 加藤は世界記録保持者として臨んだトリノ五輪は6位。前回も金メダル候補といわれながら、長島にも負けて銅メダル。関節が柔軟でしかもバネがあり、その高い身体能力から「加藤がハマったときの滑りには誰も勝てない」といわれてきた。だが、五輪本番では不発。そこから出した結論が「ピーキング」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る