米アイスダンスは疑惑の「金」 IOCは八百長を見抜けるか

公開日:  更新日:

 平和の祭典にもインチキがまかり通っているのか。
 米国とロシアがフィギュアスケートの採点で裏取引していると仏紙に暴露された疑惑のアイスダンスはメリル・デービス、チャーリー・ホワイト組(米国)が合計195.52点で金メダル。フィギュアはロシアが団体とペア(ボロシャール、トランコフ組)で優勝し、アイスダンスは米国に花を持たせる“デキレース”だった。

 折しも、国際オリンピック委員会(IOC)がスポーツを対象にした賭けに絡む八百長対策の強化に着手した。17日に会見したIOCのマイク・アダムスは「五輪競技がターゲットになった具体例はまだないが、違法賭博に絡んだ八百長はスポーツの高潔さを汚すもので、ドーピング以上に脅威を感じている」と断言。今後は国際刑事警察機構(ICPO)と連携し、八百長対策に1000万ドル(約10億2000万円)を投じるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る