「すぐ答えを出す必要はない」…浅田真央“次の目標”は霧の中

公開日: 更新日:

 これまでよりも、一歩踏み込んだ「気持ち」を語ったのが世界選手権で3度目の優勝を果たした浅田真央だ。エキシビションが行われた30日、進退についてこう言った。

「普通にやればできるが、自分の気持ちとしては少し休養が必要なんじゃないかと思っている。今すぐ答えを出す必要はない。次の目標がまだ見つかっていない。決意ができればやるし、そういうものが湧き出てこなければできない。やるならそれなりの覚悟がいる」

 日本スケート界の看板娘だけに、真央が「引退」の決断をしても、スケート連盟は「ご苦労さまでした」というわけにはいかないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る