選球眼、制球力は二の次 王貞治氏が憂う日本プロ野球の劣化

公開日: 更新日:

イチロー以来、ヒットを打つことだけが評価されるようになった。だから今の打者は打数が多いだろう。自分の時代は300から400だった。四球を選んだからで、みんな選球眼が良かった」

 少し前、王貞治ソフトバンク会長がある集まりで最近のプロ野球に関して、こんな話をしたという。そしてこう付け加えたそうだ。

「今は同点で九回2死満塁、カウント3-2からワンバウンドになるボール球を振る。見逃せばボールで(押し出しで)サヨナラ勝ちになるのに。それでもフォークボールは空振りしても当たり前、みたいな顔をしてベンチに戻ってくる。おかしいよ」

 ワンバウンドのクソボールを振るなんて選球眼以前の問題だろうが、さすがは“世界の王”だ。その指摘は正鵠を射ている。評論家の高橋善正氏はこう言う。

「まったくその通りです。実は以前、王さんと同じような話をしたことがある。今は年間200本安打とかいって、打者はヒットを打つことが評価される。投手はスピードガンができてから、速いボールを投げることがすごいといわれる。選球眼とかコントロールが二の次、三の次になっている。ホームベースの1メートル手前でワンバウンドするようなフォークを投手が投げ、それを平気で打者が空振りするのは、そうした風潮と関係があります。少し前まではそんなボールを投げる投手もめったにいなかったし、また手を出す打者はいなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る