クロアチアを救ったFWマンジュキッチの“エゴイズム”

公開日:  更新日:

「オレが複数のメディアに出ていろいろしゃべるのを、彼が快く思ってないことはわかってるよ。でも、そんなのは関係ない。オレは自分に正直でありたいんだ」

 こう話すのは、クロアチアのエースストライカー、マリオ・マンジュキッチ(28)だ。「彼」とは所属するバイエルン・ミュンヘンのグアルディオラ監督のこと。FCバルセロナの黄金時代を築き、“名監督”という評価が定まっているグアルディオラに対し、ここまでハッキリとモノがいえる選手は少ない。

 12-13シーズンにバイエルンに入団したマンジュキッチはリーガ24試合で15得点と活躍。それまでバイエルンの得点源だったドイツ代表(当時)のストライカー、マリオ・ゴメスをセリエA・フィオレンティーナに追いやった。

 しかし、グアルディオラが監督に就任した13-14シーズンは自身のケガもあってベンチスタートが多く、また、ポゼッション重視のゲームスタイルに不信を抱く。結果、ドレッシングルーム(更衣室)でグアルディオラ監督が選手に戦術的な指示をしても、マンジュキッチはそれを揶揄(やゆ)するような笑いを浮かべ、その懲罰としてドイツカップ決勝は招集外となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る