クロアチアを救ったFWマンジュキッチの“エゴイズム”

公開日: 更新日:

「オレが複数のメディアに出ていろいろしゃべるのを、彼が快く思ってないことはわかってるよ。でも、そんなのは関係ない。オレは自分に正直でありたいんだ」

 こう話すのは、クロアチアのエースストライカー、マリオ・マンジュキッチ(28)だ。「彼」とは所属するバイエルン・ミュンヘンのグアルディオラ監督のこと。FCバルセロナの黄金時代を築き、“名監督”という評価が定まっているグアルディオラに対し、ここまでハッキリとモノがいえる選手は少ない。

 12-13シーズンにバイエルンに入団したマンジュキッチはリーガ24試合で15得点と活躍。それまでバイエルンの得点源だったドイツ代表(当時)のストライカー、マリオ・ゴメスをセリエA・フィオレンティーナに追いやった。

 しかし、グアルディオラが監督に就任した13-14シーズンは自身のケガもあってベンチスタートが多く、また、ポゼッション重視のゲームスタイルに不信を抱く。結果、ドレッシングルーム(更衣室)でグアルディオラ監督が選手に戦術的な指示をしても、マンジュキッチはそれを揶揄(やゆ)するような笑いを浮かべ、その懲罰としてドイツカップ決勝は招集外となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る