• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クロアチアを救ったFWマンジュキッチの“エゴイズム”

「オレが複数のメディアに出ていろいろしゃべるのを、彼が快く思ってないことはわかってるよ。でも、そんなのは関係ない。オレは自分に正直でありたいんだ」

 こう話すのは、クロアチアのエースストライカー、マリオ・マンジュキッチ(28)だ。「彼」とは所属するバイエルン・ミュンヘンのグアルディオラ監督のこと。FCバルセロナの黄金時代を築き、“名監督”という評価が定まっているグアルディオラに対し、ここまでハッキリとモノがいえる選手は少ない。

 12-13シーズンにバイエルンに入団したマンジュキッチはリーガ24試合で15得点と活躍。それまでバイエルンの得点源だったドイツ代表(当時)のストライカー、マリオ・ゴメスをセリエA・フィオレンティーナに追いやった。

 しかし、グアルディオラが監督に就任した13-14シーズンは自身のケガもあってベンチスタートが多く、また、ポゼッション重視のゲームスタイルに不信を抱く。結果、ドレッシングルーム(更衣室)でグアルディオラ監督が選手に戦術的な指示をしても、マンジュキッチはそれを揶揄(やゆ)するような笑いを浮かべ、その懲罰としてドイツカップ決勝は招集外となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る