クロアチアを救ったFWマンジュキッチの“エゴイズム”

公開日:  更新日:

「オレが複数のメディアに出ていろいろしゃべるのを、彼が快く思ってないことはわかってるよ。でも、そんなのは関係ない。オレは自分に正直でありたいんだ」

 こう話すのは、クロアチアのエースストライカー、マリオ・マンジュキッチ(28)だ。「彼」とは所属するバイエルン・ミュンヘンのグアルディオラ監督のこと。FCバルセロナの黄金時代を築き、“名監督”という評価が定まっているグアルディオラに対し、ここまでハッキリとモノがいえる選手は少ない。

 12-13シーズンにバイエルンに入団したマンジュキッチはリーガ24試合で15得点と活躍。それまでバイエルンの得点源だったドイツ代表(当時)のストライカー、マリオ・ゴメスをセリエA・フィオレンティーナに追いやった。

 しかし、グアルディオラが監督に就任した13-14シーズンは自身のケガもあってベンチスタートが多く、また、ポゼッション重視のゲームスタイルに不信を抱く。結果、ドレッシングルーム(更衣室)でグアルディオラ監督が選手に戦術的な指示をしても、マンジュキッチはそれを揶揄(やゆ)するような笑いを浮かべ、その懲罰としてドイツカップ決勝は招集外となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る