U-18 スカウトがタイまで追いかける高校生はこの2人

公開日: 更新日:

「注目するのはこの投手とあの野手ですね」

 とは、某パ球団のスカウト。9月1日からタイで行われるアジア野球選手権(U-18)で注目する高校日本代表選手を2人挙げた。

「投手では昨夏の優勝投手である高橋光成(前橋育英)、野手では浅間大基(横浜)。ファンの注目は高校ナンバーワン野手の岡本和真(智弁学園)に集まるでしょうが、彼は先日の夏の甲子園に出ているし、ほぼ評価は終わっている。あとの選手は、例えば昨春優勝投手の小島和哉(浦和学院)が早大に進学するそうだし、大半の選手は大学に進学すると聞いている。夏の甲子園に出ていないプロ志向が強い2人が大舞台でどんな姿を見せるかが気になります」

 この日、日本代表は奈良県生駒市のグラウンドで始動。高橋広代表監督(鳴門渦潮)からエースに指名された高橋は、「去年の(W杯)参加経験を生かして、チームを引っ張りたい。期待にこたえないといけない」と言い切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る