日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U-18 スカウトがタイまで追いかける高校生はこの2人

「注目するのはこの投手とあの野手ですね」

 とは、某パ球団のスカウト。9月1日からタイで行われるアジア野球選手権(U-18)で注目する高校日本代表選手を2人挙げた。

「投手では昨夏の優勝投手である高橋光成(前橋育英)、野手では浅間大基(横浜)。ファンの注目は高校ナンバーワン野手の岡本和真(智弁学園)に集まるでしょうが、彼は先日の夏の甲子園に出ているし、ほぼ評価は終わっている。あとの選手は、例えば昨春優勝投手の小島和哉(浦和学院)が早大に進学するそうだし、大半の選手は大学に進学すると聞いている。夏の甲子園に出ていないプロ志向が強い2人が大舞台でどんな姿を見せるかが気になります」

 この日、日本代表は奈良県生駒市のグラウンドで始動。高橋広代表監督(鳴門渦潮)からエースに指名された高橋は、「去年の(W杯)参加経験を生かして、チームを引っ張りたい。期待にこたえないといけない」と言い切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事