複数の候補者から「アギーレを選んだ理由」 原博実氏が明かす

公開日: 更新日:

「ACLも改革すべきところがあり、日本がAFC(アジアサッカー連盟)の先頭に立って日本発でいろいろと変えていくくらいにならないといけないでしょう。現状に甘んじていたら、一歩間違えると《Jリーグ以前》の冬の時代に戻ってしまうというくらいの危機感を持っています。Jリーグの1年目、日本人選手は本当に必死になって戦っていました。たとえば海外はW杯とCLを比べると戦術的にはCLの方が上ですが、テンションが違うし、W杯には戦うんだ! という雰囲気に満ちていた。もう一度、原点に戻って戦わなければなりません」

――最後に改めてブラジルW杯を振り返っていただけますでしょうか。

「悔しくて、悔しくて仕方ありません。この4年間はマイナスだったなどと言う人もいるようですが、日本の良さを徹底して出そうとした、この《4年間》にも意味がある。この4年間をどう検証し、フォローし、継承していくかが大事です。どの国も悔しい思いを乗り越え、独自のスタイルを構築してきました。スペインやオランダもそうです。日本もポリシーをしっかり持ち、進んでいくことが大事だと思っています」(おわり)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  6. 6

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

もっと見る