• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アギーレ監督 初陣に「欧州組」大量召集で囁かれる“ある注文”

 アギーレ・ジャパンが大苦戦している。初采配となるウルグアイ戦(9月5日=札幌)は前売り分でチケットが完売したが、同9日のベネズエラ戦(横浜)は売れ行きが鈍く、発売から2週間が経過しても1万枚近くが売れ残った。

 ザック・ジャパン時代にチケットが完売しなかったのは、12年5月のアゼルバイジャン戦1試合だけ。地味な相手だった上に試合会場も静岡・エコパで交通の便がイマイチ。売れ行き不振も想定内だった。

 しかし、新監督の采配2試合目で大都市圏の横浜開催の売れ行き不振は想定外。異例の事態に日本サッカー協会担当者、広告代理店関係者は、一様に顔面蒼白ともっぱら。ついにはこんな声まで聞こえてきた。

「ブラジルW杯で日本代表が1分け2敗の惨敗に終わり、日本代表への興味が薄れたことで、視聴率の低下とスポンサー集めの苦戦を予想したテレビ局が、サッカー協会側に『ブラジルW杯に出場した欧州組を数多く招集して欲しい』と注文を付けたといわれています」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る