アギーレ監督 初陣に「欧州組」大量召集で囁かれる“ある注文”

公開日:  更新日:

 アギーレ・ジャパンが大苦戦している。初采配となるウルグアイ戦(9月5日=札幌)は前売り分でチケットが完売したが、同9日のベネズエラ戦(横浜)は売れ行きが鈍く、発売から2週間が経過しても1万枚近くが売れ残った。

 ザック・ジャパン時代にチケットが完売しなかったのは、12年5月のアゼルバイジャン戦1試合だけ。地味な相手だった上に試合会場も静岡・エコパで交通の便がイマイチ。売れ行き不振も想定内だった。

 しかし、新監督の采配2試合目で大都市圏の横浜開催の売れ行き不振は想定外。異例の事態に日本サッカー協会担当者、広告代理店関係者は、一様に顔面蒼白ともっぱら。ついにはこんな声まで聞こえてきた。

「ブラジルW杯で日本代表が1分け2敗の惨敗に終わり、日本代表への興味が薄れたことで、視聴率の低下とスポンサー集めの苦戦を予想したテレビ局が、サッカー協会側に『ブラジルW杯に出場した欧州組を数多く招集して欲しい』と注文を付けたといわれています」(サッカー専門誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る