対戦被打率セ球団ワースト 巨人には厄介な広島エルドの復調

公開日: 更新日:

 21日のDeNA戦でエルドレッド(34)が35号逆転2点本塁打。1-2の八回にレフトスタンドへ叩き込み、チームを3カードぶりとなる勝ち越し、18年ぶりとなるシーズン70勝に導いた。

 試合後、「チームにとって大きな勝利」と胸を張ったエルドレッドは今季、7月までに33本塁打、87打点を記録するなど絶好調だった。が、8月に入ってウソだろ!? と言いたくなるほどの大スランプ。月間打率.053、0本塁打、4打点で野村監督の逆鱗に触れ、2度も二軍落ちさせられた。

 それがここ5試合で打率.350、2本塁打、5打点と復調気配。巨人にとってはなんとも厄介な主砲が目を覚ましてしまったことになる。巨人は開幕から、エルドレッドに打率.318、6本塁打、19打点と打たれまくっていたからだ。対戦被打率はセ5球団で最も悪い。5月18日の試合では満塁弾を含む3安打6打点と大暴れされ、原監督は「恥ずかしい。胸が痛い」と嘆いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る