対戦被打率セ球団ワースト 巨人には厄介な広島エルドの復調

公開日:  更新日:

 21日のDeNA戦でエルドレッド(34)が35号逆転2点本塁打。1-2の八回にレフトスタンドへ叩き込み、チームを3カードぶりとなる勝ち越し、18年ぶりとなるシーズン70勝に導いた。

 試合後、「チームにとって大きな勝利」と胸を張ったエルドレッドは今季、7月までに33本塁打、87打点を記録するなど絶好調だった。が、8月に入ってウソだろ!? と言いたくなるほどの大スランプ。月間打率.053、0本塁打、4打点で野村監督の逆鱗に触れ、2度も二軍落ちさせられた。

 それがここ5試合で打率.350、2本塁打、5打点と復調気配。巨人にとってはなんとも厄介な主砲が目を覚ましてしまったことになる。巨人は開幕から、エルドレッドに打率.318、6本塁打、19打点と打たれまくっていたからだ。対戦被打率はセ5球団で最も悪い。5月18日の試合では満塁弾を含む3安打6打点と大暴れされ、原監督は「恥ずかしい。胸が痛い」と嘆いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る