対戦被打率セ球団ワースト 巨人には厄介な広島エルドの復調

公開日:  更新日:

 21日のDeNA戦でエルドレッド(34)が35号逆転2点本塁打。1-2の八回にレフトスタンドへ叩き込み、チームを3カードぶりとなる勝ち越し、18年ぶりとなるシーズン70勝に導いた。

 試合後、「チームにとって大きな勝利」と胸を張ったエルドレッドは今季、7月までに33本塁打、87打点を記録するなど絶好調だった。が、8月に入ってウソだろ!? と言いたくなるほどの大スランプ。月間打率.053、0本塁打、4打点で野村監督の逆鱗に触れ、2度も二軍落ちさせられた。

 それがここ5試合で打率.350、2本塁打、5打点と復調気配。巨人にとってはなんとも厄介な主砲が目を覚ましてしまったことになる。巨人は開幕から、エルドレッドに打率.318、6本塁打、19打点と打たれまくっていたからだ。対戦被打率はセ5球団で最も悪い。5月18日の試合では満塁弾を含む3安打6打点と大暴れされ、原監督は「恥ずかしい。胸が痛い」と嘆いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る