広島マエケンがCS見据え語る 「やっと調子が戻ってきた」

公開日:  更新日:

 去る15日の巨人戦で11勝目(8敗)を挙げた広島の前田健太(26)。これが今季の巨人戦6試合目で初白星だった。今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用してのメジャー移籍がウワサされる。この試合にはレッドソックスをはじめ、今季最多となる10球団のメジャーのスカウトが集まった。巨人のリーグ優勝は目前。が、その先のCSを見据えると、エースの復調は広島にとって好材料でもある。なかなか勝てなかったことを含め、メジャー移籍に関して本人に聞いた。

――巨人戦6試合目でやっと初勝利を挙げました。

「巨人戦で勝っておかないといけないと思ってたのでホッとしています」

――現実問題として、巨人にはマジック(18日現在M8)が点灯しています。ただ、巨人とはその先のCSで対戦する可能性もあるから、この勝利は大きいのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る