広島マエケンがCS見据え語る 「やっと調子が戻ってきた」

公開日: 更新日:

 去る15日の巨人戦で11勝目(8敗)を挙げた広島の前田健太(26)。これが今季の巨人戦6試合目で初白星だった。今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用してのメジャー移籍がウワサされる。この試合にはレッドソックスをはじめ、今季最多となる10球団のメジャーのスカウトが集まった。巨人のリーグ優勝は目前。が、その先のCSを見据えると、エースの復調は広島にとって好材料でもある。なかなか勝てなかったことを含め、メジャー移籍に関して本人に聞いた。

――巨人戦6試合目でやっと初勝利を挙げました。

「巨人戦で勝っておかないといけないと思ってたのでホッとしています」

――現実問題として、巨人にはマジック(18日現在M8)が点灯しています。ただ、巨人とはその先のCSで対戦する可能性もあるから、この勝利は大きいのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る