アジア大会サッカー連覇ならず 準々決勝で韓国に力負け

公開日: 更新日:

 アジア大会サッカー準々決勝でU-21(21歳以下)日本代表が地元・韓国と対戦。後半43分、MF大島僚太(21=川崎)が軽率なプレーでPKを献上。0-1で敗れて大会連覇を逃した。

 ハンディはあった。韓国代表は、大会規定通りに「U-23(23歳以下)と24歳以上のオーバーエージ(OA)枠3人」で構成。日本は2年後のリオ五輪を見据え、21歳以下の選手でアジア大会に臨んだ。が、終了間際になって年長者軍団・韓国の圧力に屈した格好だ。

「大事な局面での凡ミス連発が気になる。これは年代別カテゴリーに限らず、アギーレ・ジャパンの2試合でも散見された。メンタル面でも不満が残る。シュート数は韓国11本に日本3本。勝機は<無失点に抑えて延長・PK戦>しかなかった。強い相手をいなしながらPK戦に持ち込む<タフな精神力>の醸成も必要です」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 負けるべくして負けた日本。課題は山積だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る