アギーレ氏の“八百長疑惑” スペインでは選手らに聴取始まる

公開日:  更新日:

 日本サッカー界が肝を冷やした、代表監督ハビエル・アギーレ氏(55)の八百長疑惑。

 10月1日の日本代表メンバー発表の席上、アギーレ氏が「全く心配していない。私は穏やかな気持ちで日本で仕事をしている。状況を見守りたい」と完全否定したことで、日本のスポーツメディアも大きく扱わなかったが、一件落着と見るのはまだ早いかもしれない。

 疑惑の試合は、アギーレ氏がスペインリーグ1部サラゴサ(現2部)を率いていた2011年5月21日のリーグ最終節レバンテ戦。サラゴサは、勝てば1部残留という大事な試合だったのに対し、1部残留が決まっていたレバンテは主力先発5人を入れ替えたうえに緩慢プレー。2対1でサラゴサが勝利し、1部残留を決めたことから八百長疑惑が浮上し、スペイン検察庁が調査に乗り出したというもの。

 スペイン紙「アス」の電子版によると、マドリードでは現地時間2日午前から、当時のサラゴサの会長や疑惑の試合に出場していた元サラゴサの選手らが続々と汚職・組織犯罪対策特別検察庁の建物に入り、聴取に応じた。中には試合で2得点をあげた現アトレティコ・マドリードのMFガビ(31)や、ディオゴ(31)も含まれていることから、検察庁周辺には多くの現地マスコミが押し寄せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る