錦織圭がフェレール下し4強 アジア初ツアー最終戦出場決定

公開日:  更新日:

 男子プロテニスのマスターズ・パリ大会第5日は10月31日、現地でシングルス準々決勝が行われ、第6シードで世界ランキング7位の錦織圭(24)が、第4シードで同6位のダビド・フェレール(32=スペイン)と対戦。3―6、7―6、6―4のフルセットの末に勝ち、11月9日から始まるロンドンでのツアー最終戦への出場を決めた。

 第1セットを落とした錦織は、続く第2セット、タイブレークでフェレールに4ポイント先取されリードを許しながら逆転。ファイナルセットにも競り勝った。錦織は準決勝で、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

 シーズン最終戦のATPツアー・ファイナルは、年間成績などの上位8人のみが出場できる大会。すでにジョコビッチ(セルビア)、フェデラー(スイス)、ワウリンカ(スイス)、マリー(英国)と、4大大会優勝者枠のチリッチ(クロアチア)の出場が決定しており、この日の準々決勝で勝ったトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)と錦織を加え、計7人の出場が確定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る