財政問題で平昌五輪暗雲も…韓国は「日本分散開催」を拒否

公開日: 更新日:

 ソチ五輪を最後に引退したフィギュアスケートのキム・ヨナが広報大使を務める2018年平昌五輪が、ちょっとした問題になっている。

 韓国の朴槿恵大統領は15日、国際オリンピック委員会(IOC)が開催都市以外での分散開催案を示したことを受け、「18年平昌冬季五輪の一部種目を分散開催する考えは全くない」と強い口調で語った。

 そもそも平昌五輪の分散開催の話が出てきたのは、韓国の財政難が原因だった。平昌五輪の競技施設建設について、平昌を有する江原道と政府が費用負担をめぐり激しく対立。江原道は、「政府の財政支援がなければ五輪開催権を返上する」と言い出した。

 18年冬季五輪が消滅することを懸念したIOCは、8日に行われた臨時総会「五輪アジェンダ2020年」において、複数の案件に柔軟に対応。開催都市に競技提案権を与えたり、開催地の費用負担を軽減するため五輪の分散開催も認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る