日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界女子ジャンプ 伊藤は「不満の銀」も“葛西流”で安定感

 今季、不甲斐ない戦いぶりの女王を抑えて日本の2番手が表彰台に立った。

 ノルディックスキー世界選手権(スウェーデン・ファルン)のジャンプ女子個人(HS100メートル、K点90メートル)が20日(日本時間21日未明)に行われ、日本勢では伊藤有希(20)が1回目89メートル、2回目に93メートルを飛んで合計235.1点で銀メダルを獲得した。伊藤は個人では初の表彰台で、前回(13年)大会の混合団体の金に続く2個目のメダルを獲得した。優勝はカリーナ・フォクト(ドイツ)。前回2位の高梨沙羅(18)は1回目90メートル、2回目93メートルの228.3点で4位に終わった。

 伊藤は1回目こそ、踏み切りが合わずに4位と出遅れたが、2回目はしっかりと修正。きっちりとタイミングを合わせて出場選手中トップタイの93メートルを飛んで上位に浮上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事