冷戦さらに激化 白鵬を意固地にさせるメディアの手の平返し

公開日: 更新日:

 商売優先で「優等生」に仕立てながら、急に「横綱としての品格がない」と書き立てるのだから呆れるばかりだ。

 戯作者の松崎菊也氏は「大横綱とはいえ29歳の若造ではないか」と言って、こう続ける。
「いくら強いからって、29歳の若造に『大』や『名』の冠をかぶせすぎです。若過ぎる『大名』はそっくり返る。今さらマスコミが白鵬に謙虚さを押し付けるのは無理でしょう。『大鵬の優勝回数を超えたら大横綱、名横綱というハードルを準備したのはあんたらだろう?』と、白鵬に言われて答えられる記者がいるかどうか。マスコミはいまだに相撲は日本のモノだという幻想を捨てきれない。ならば、さらにハードルを上げて『日本人になれ!』と言うしかない。齢60の総理大臣が『木鶏たり得ず』と自分で言うのがこの国。29歳は駆け出し扱いできますから」

 不良横綱をもてはやし、増長させたマスコミの罪は重い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る