• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子マラソン前田彩里 「世界」当確でも本番苦戦必至の理由

 8月の世界陸上(中国・北京)の選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソン(8日)は、昨年のアジア大会金メダルのキルワ(バーレーン)が2時間22分8秒で優勝。3位で日本人トップの前田彩里(23=写真)は、15キロの給水所で転倒しながらも2時間22分48秒の日本歴代8位のタイムでゴールした。

 レースはペースメーカーが外れた30キロすぎにキルワが飛び出し独走。マラソン2度目の前田は必死に追いかけるも、その差は最後まで縮まらなかった。それでも日本女子では07年の野口みずき以来となる23分切りを達成。8月の世界陸上の代表に選ばれることは間違いない。この新星に多大な期待がかかることが予想されるが、北京では苦戦必至だ。

 近年の北京は急速な経済発展により、夏は異常な暑さだ。昨年も記録的な猛暑で7~8月は午前8時から35度を超えた。

 マラソン王国のケニアやエチオピアの選手は心肺機能を高めるために2000メートル級の高地で練習を積んでいる。だから「意外に暑さに弱い」とも言われているのだが、アフリカ勢は賞金や報奨金、スポンサー契約につながるビッグレースはめっぽう強い。ちなみに世界陸上は1位から8位まで賞金が出る(1位は6万ドル)。暑い11年大邱大会はケニア勢がメダルを独占。13年モスクワ大会はケニアのキプラガトが連覇した。銅メダルの福士加代子は2位に2分近く引き離されて2時間27分45秒。ここまで時計が遅くならないと日本選手の「出番」はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る