左膝全治2カ月重傷の遠藤 5月場所“強行出場”の裏事情

公開日:  更新日:

「今、決めました」

 54日ぶりに相撲を取った幕内の遠藤(24)が5日、5月場所(10日初日)の出場を明言した。

 遠藤は3月場所で左膝の前十字靱帯部分断裂および外側半月板損傷で全治2カ月の重傷を負った。それでも手術はせず、靱帯回りの筋肉を鍛えることで患部をカバー。5日には3月12日以来となる相撲を取り、所属する追手風部屋の若手相手にさまざまな技を披露。ぶつかり稽古で胸を出す場面もあった。

「思ったより動ける」とは本人の弁だが、あくまで「大ケガを負ったにしては」というレベル。負傷以前とは比べるまでもなく、四股を踏む時は足を静かに下ろすなど、万全とは言い難い。かといって番付が前頭9枚目では全休すると十両に陥落してしまう。強行出場する気持ちもわかるとはいえ、ある角界関係者は「それだけが理由じゃないよ」と言ってこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る