• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大きい!スゴイ!」 遠藤効果で“両国動物園”化した国技館

「この分なら出世しなくてもいい。幕内にいてくれりゃ、それでいいよ」
 ある協会関係者がこう漏らした。

 初日から7連敗していた遠藤(23)が8日目に高安を押し出し。ようやく初白星を手にした。昨年の秋場所で幕内デビューした新進気鋭の色男はファン人気も高い。遠藤が負けっぱなしだと客足にも影響する……と思われていたが、実際はそんなことはなかった。

 この日は今場所7回目の満員御礼。平日にも4回と、最近の大相撲では考えられないほどの集客ぶりだ。
 中でも顕著なのが若い女性ファンの増加だ。女性だけで観戦する者も多く、名前も知らないような幕下力士にすら、近くを通るたびに「大きいー! すごいすごーい!」と黄色い声をあげている。

 そんな女性たちはやっぱり遠藤のファンが多いようだが、実際に国技館に足を運んでみると、本場所の熱気やびん付け油の匂いが珍しく、巨漢がハダカでぶつかり合う姿も迫力満点。すっかり相撲に魅せられ帰っていくそうだ。

 だから遠藤が勝とうが負けようが、女性ファンには関係なし。相撲観戦は動物園のパンダを見に行くようなものらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る