日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大きい!スゴイ!」 遠藤効果で“両国動物園”化した国技館

「この分なら出世しなくてもいい。幕内にいてくれりゃ、それでいいよ」
 ある協会関係者がこう漏らした。

 初日から7連敗していた遠藤(23)が8日目に高安を押し出し。ようやく初白星を手にした。昨年の秋場所で幕内デビューした新進気鋭の色男はファン人気も高い。遠藤が負けっぱなしだと客足にも影響する……と思われていたが、実際はそんなことはなかった。

 この日は今場所7回目の満員御礼。平日にも4回と、最近の大相撲では考えられないほどの集客ぶりだ。
 中でも顕著なのが若い女性ファンの増加だ。女性だけで観戦する者も多く、名前も知らないような幕下力士にすら、近くを通るたびに「大きいー! すごいすごーい!」と黄色い声をあげている。

 そんな女性たちはやっぱり遠藤のファンが多いようだが、実際に国技館に足を運んでみると、本場所の熱気やびん付け油の匂いが珍しく、巨漢がハダカでぶつかり合う姿も迫力満点。すっかり相撲に魅せられ帰っていくそうだ。

 だから遠藤が勝とうが負けようが、女性ファンには関係なし。相撲観戦は動物園のパンダを見に行くようなものらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事