• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GMが監督に…マーリンズの「異例人事」が秘める可能性

 メジャーでまた、異例の監督人事が断行された。イチローのマーリンズが18日、新指揮官にダン・ジェニングズGM(54)を指名したのだ。ジェニングズGMは長らくマーリンズのフロントスタッフを歴任したが、メジャーでの指導者経験は皆無。故郷アラバマ州の高校でコーチを務めたことはあるとはいえ、素人同然である。

 米メディアや他球団の関係者の間では批判的な意見や懐疑的な見方が大半を占めるが、チーム内ではおおむね好評だ。「野球をよく知っていて、徳がある人ならいいと思います。発想として面白い」とはイチローだ。

「米国では分業制が確立され、監督はGMらフロントが編成したチームで戦うのが一般的ですが、必ずしも指揮官が得意とする戦術と戦力が合致しているわけではありません。資金に限界がある球団が少なくないため、思うような補強ができないからです。今回のジェニングズ新監督のようにGM時代に自ら編成したチームを率いるのは選手の力量や若手の伸びしろなども把握しており、効果的な采配が振れるはずです。今季のジェニングズ監督が結果を残せば、後に続くチームが出ると思う」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る