GMが監督に…マーリンズの「異例人事」が秘める可能性

公開日:  更新日:

 メジャーでまた、異例の監督人事が断行された。イチローのマーリンズが18日、新指揮官にダン・ジェニングズGM(54)を指名したのだ。ジェニングズGMは長らくマーリンズのフロントスタッフを歴任したが、メジャーでの指導者経験は皆無。故郷アラバマ州の高校でコーチを務めたことはあるとはいえ、素人同然である。

 米メディアや他球団の関係者の間では批判的な意見や懐疑的な見方が大半を占めるが、チーム内ではおおむね好評だ。「野球をよく知っていて、徳がある人ならいいと思います。発想として面白い」とはイチローだ。

「米国では分業制が確立され、監督はGMらフロントが編成したチームで戦うのが一般的ですが、必ずしも指揮官が得意とする戦術と戦力が合致しているわけではありません。資金に限界がある球団が少なくないため、思うような補強ができないからです。今回のジェニングズ新監督のようにGM時代に自ら編成したチームを率いるのは選手の力量や若手の伸びしろなども把握しており、効果的な采配が振れるはずです。今季のジェニングズ監督が結果を残せば、後に続くチームが出ると思う」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る