• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GMが監督に…マーリンズの「異例人事」が秘める可能性

 メジャーでまた、異例の監督人事が断行された。イチローのマーリンズが18日、新指揮官にダン・ジェニングズGM(54)を指名したのだ。ジェニングズGMは長らくマーリンズのフロントスタッフを歴任したが、メジャーでの指導者経験は皆無。故郷アラバマ州の高校でコーチを務めたことはあるとはいえ、素人同然である。

 米メディアや他球団の関係者の間では批判的な意見や懐疑的な見方が大半を占めるが、チーム内ではおおむね好評だ。「野球をよく知っていて、徳がある人ならいいと思います。発想として面白い」とはイチローだ。

「米国では分業制が確立され、監督はGMらフロントが編成したチームで戦うのが一般的ですが、必ずしも指揮官が得意とする戦術と戦力が合致しているわけではありません。資金に限界がある球団が少なくないため、思うような補強ができないからです。今回のジェニングズ新監督のようにGM時代に自ら編成したチームを率いるのは選手の力量や若手の伸びしろなども把握しており、効果的な采配が振れるはずです。今季のジェニングズ監督が結果を残せば、後に続くチームが出ると思う」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る