まだまだ意気軒高の野村克也氏 「阪神監督を後悔」と“皮肉”

公開日:  更新日:

「(病気して)8キロ痩せたわ」

 控室でこう話しながら好物の和菓子をペロリ。元気いっぱいの姿を見せたのが野球評論家の野村克也氏(79)だ。

 29日、東京都内で行われた「野球の力」が主催する野球人就活ミーティングでトークショーに出演。昨年末に解離性大動脈瘤を患い「重病説」が流れたノムさんだが、この日は大学生を前に予定を大幅に上回る約1時間、ノンストップでしゃべり尽くした。

「女房は仕事が来ると何でもOKしちゃう。今日はここに来て後悔しています」

 冒頭から“野村節”で学生たちの笑いを取ると、毒舌も健在。

「今の選手はとてもマジメ。夜遊びしない。これが直接関係あるか分からないが、『英雄は色を好む』という言葉がある。今はヒーローがいない」と、野球界に苦言を呈したかと思えば、「私は南海、ヤクルト、阪神、楽天の4球団で監督をやった。最下位のチームばっかりでしたが、阪神は絶対によくなりませんから」と、矛先は阪神へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る