日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まだまだ意気軒高の野村克也氏 「阪神監督を後悔」と“皮肉”

「(病気して)8キロ痩せたわ」

 控室でこう話しながら好物の和菓子をペロリ。元気いっぱいの姿を見せたのが野球評論家の野村克也氏(79)だ。

 29日、東京都内で行われた「野球の力」が主催する野球人就活ミーティングでトークショーに出演。昨年末に解離性大動脈瘤を患い「重病説」が流れたノムさんだが、この日は大学生を前に予定を大幅に上回る約1時間、ノンストップでしゃべり尽くした。

「女房は仕事が来ると何でもOKしちゃう。今日はここに来て後悔しています」

 冒頭から“野村節”で学生たちの笑いを取ると、毒舌も健在。

「今の選手はとてもマジメ。夜遊びしない。これが直接関係あるか分からないが、『英雄は色を好む』という言葉がある。今はヒーローがいない」と、野球界に苦言を呈したかと思えば、「私は南海、ヤクルト、阪神、楽天の4球団で監督をやった。最下位のチームばっかりでしたが、阪神は絶対によくなりませんから」と、矛先は阪神へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事