まだまだ意気軒高の野村克也氏 「阪神監督を後悔」と“皮肉”

公開日:  更新日:

「(病気して)8キロ痩せたわ」

 控室でこう話しながら好物の和菓子をペロリ。元気いっぱいの姿を見せたのが野球評論家の野村克也氏(79)だ。

 29日、東京都内で行われた「野球の力」が主催する野球人就活ミーティングでトークショーに出演。昨年末に解離性大動脈瘤を患い「重病説」が流れたノムさんだが、この日は大学生を前に予定を大幅に上回る約1時間、ノンストップでしゃべり尽くした。

「女房は仕事が来ると何でもOKしちゃう。今日はここに来て後悔しています」

 冒頭から“野村節”で学生たちの笑いを取ると、毒舌も健在。

「今の選手はとてもマジメ。夜遊びしない。これが直接関係あるか分からないが、『英雄は色を好む』という言葉がある。今はヒーローがいない」と、野球界に苦言を呈したかと思えば、「私は南海、ヤクルト、阪神、楽天の4球団で監督をやった。最下位のチームばっかりでしたが、阪神は絶対によくなりませんから」と、矛先は阪神へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る