日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ローテが合わず…「ハム大谷vs巨人打線」の地上波放送が幻に

 9日(火)に行われる日本ハム対巨人戦(札幌ドーム)を地上波中継するテレビ朝日の関係者が落胆しているという。ある放送局関係者がこう明かす。

「巨人の菅野対日本ハムの大谷。球界を代表するエース対決なら、平日のゴールデンタイムでも他局と戦えるかもしれないという算段があった。菅野はカードの頭となる火曜の登板が続いていたから、当たるだろうと」

 しかし、そんな淡い期待は裏切られた。その菅野智之(25)が首痛のため、5月31日に登録を抹消された。斎藤投手コーチは「10日間の予定ではいる」と軽症を強調しているが、再登録は10日以降。9日の地上波の日には間に合わないのだ。だったらせめて、開幕7連勝中の160キロ右腕・大谷翔平(20)だけでも見たいところ。しかし、こちらも先月30日の中日戦に先発。次回は5日からの阪神との甲子園3連戦での登板が予定されている。ローテーションが合わず、巨人戦では投げないというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事