「怒られていないから…」デーブ監督が若い世代“絶賛”の理由

公開日:  更新日:

 いつの時代も、「今どきの若者は……」は愚痴の常套句。特に近年はゆとり教育を毛嫌いし、「あんな教育で育ったヤツラは使えない」と言う昭和生まれも多い。

 そんな中、「いや、今の若い選手は凄い」と言うのが、楽天の大久保博元監督(48)だ。

 楽天では高卒2年目の松井裕樹(19)が今季からストッパーに定着。21試合で11セーブを挙げ、防御率0.33。わずか1失点しかしていない。他球団でも打率.280、9本塁打、28打点と活躍する西武の森友哉(19)は同じく高卒2年目。日本ハムの高卒4年目、近藤健介(21)はもっか、リーグ5位の打率.325だ。

 大久保監督が言う。

「俺らの世代は怒られながら育った。でも、今の子は怒られてないでしょ」

 普通なら、ここで「だからダメなんだ」と続きそうなものだが、大久保監督は「だからいいんだよ」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る