• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「怒られていないから…」デーブ監督が若い世代“絶賛”の理由

 いつの時代も、「今どきの若者は……」は愚痴の常套句。特に近年はゆとり教育を毛嫌いし、「あんな教育で育ったヤツラは使えない」と言う昭和生まれも多い。

 そんな中、「いや、今の若い選手は凄い」と言うのが、楽天の大久保博元監督(48)だ。

 楽天では高卒2年目の松井裕樹(19)が今季からストッパーに定着。21試合で11セーブを挙げ、防御率0.33。わずか1失点しかしていない。他球団でも打率.280、9本塁打、28打点と活躍する西武の森友哉(19)は同じく高卒2年目。日本ハムの高卒4年目、近藤健介(21)はもっか、リーグ5位の打率.325だ。

 大久保監督が言う。

「俺らの世代は怒られながら育った。でも、今の子は怒られてないでしょ」

 普通なら、ここで「だからダメなんだ」と続きそうなものだが、大久保監督は「だからいいんだよ」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る