日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界5位錦織に“芝の壁” 勝率もクレー、ハードより振るわず

 男子テニスのATP世界ランクが8日に発表され、全仏オープンでベスト8だった錦織圭(25)は前週と変わらず5位にとどまった。

 錦織は今週のランキングでベスト4入りが濃厚といわれていたが、前週まで9位だったバブリンカ(30=スイス)が、全仏でジョコビッチ(28=セルビア)を破って初優勝。一気に2000ポイントを獲得して4位に急浮上したため、錦織の「昇格」が阻まれた。

 今月29日から始まる次の4大大会の全英オープンまでに錦織はドイツ(ハレ)で行われるゲリー・ウエバー・オープン(15日開幕)に出場予定だ。同大会はATP500大会(優勝者に500ポイント)。昨年の同大会でベスト4だった錦織が優勝すれば4位浮上は可能とはいえ、同大会には前年覇者で世界ランク2位のフェデラー(33=スイス)や同6位のベルディハ(29=チェコ)も出場を予定しているため厳しい。となれば、全英は再びランク5位で出場。全仏と同様、準々決勝でランク上位選手と対戦する可能性が高まるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事