元木大介
著者のコラム一覧
元木大介タレント・野球解説者

1971年12月30日、大阪府豊中市生まれ。上宮高時代に甲子園に3度出場し、歴代2位タイの通算6本塁打を放つ。89年のドラフト1位でダイエーに指名されるも、入団を拒否してハワイに野球留学。翌90年ドラフトで巨人から1位指名を受けて入団。長嶋監督が「クセ者」と呼んだ野球センスを武器に一時代を築いた。05年オフに引退。通算成績は1205試合に出場して打率・262、66本塁打、378打点。

厳しかった親父の愛のムチ

公開日: 更新日:

 僕が野球を始めたのは小学校2年のときです。6歳上の兄貴の影響で、もっと小さい頃からバットやボールには触れていましたが、あくまでそれは「ボール遊び」。7歳になって突然、親父から「やってみるか?」と水を向けられ、「ジュニアホークス」という硬式のボーイズリーグに入団しました。プロ野球の南海OBの方が立ち上げに関わったチームで、練習の拠点は当時の南海の二軍の本拠地だった中百舌鳥球場。振り返れば、身近にプロ野球選手と接する環境だったことが、のちの僕の人生に大きな影響を与えました。

「野球をやる条件はただ一つ。どんなにつらくても途中でやめることは絶対に許さんぞ。約束できるか?」

 僕にそうクギを刺した親父は、日本石油のサラリーマン。本格的な野球経験はなかったようですが、熱心に練習に付き合ってくれました。

 でも、とにかく厳しく怖い親父だったので、2人でいるときは常にビクビクです。例えば試合後の帰り道。迎えに来てくれた親父の車に乗っていると、赤信号で止まるたびに、運転席から助手席に手が飛んできます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る