コスタリカ戦で先制点 “ヒデ2世”広島・野津田ついに覚醒

公開日:  更新日:

 来夏のリオ五輪出場を目指す「U-22(22歳以下)代表」が1日、コスタリカU-22代表とテストマッチを行った。

 前半36分に先制点を決めたMF野津田は広島ユース時代、ボランチを務めることもあり、その風貌からも「中田ヒデ2世」と呼ばれることもあった。しかし、今は利き足から繰り出す強烈シュートを武器に左サイドアタッカーとして、広島でもU-22代表でもレギュラーをキープしている。

「レフティーの野津田がこの日、珍しく右足でゴールを決めたが、相手ゴール前でのスペースをうまく突いたり、利き足ではない右足で的確にゴールを捉えたり、日常的にJリーグで揉まれてレベルアップしていることを感じました」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 コスタリカ戦の先発1トップは、野津田の広島でのチームメートFW浅野。2点目を決めたFW金森、U-22初招集で後半途中出場のFWオナイウ阿道も存在感をアピールした。出番はなかったが、50メートル5秒9の俊足FW小屋松も初招集されるなど、U-22代表アタッカー陣のレギュラー争いが熾烈になっている。これは、そのままチーム力アップに直結する。手倉森監督も満足だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る