日ハムの快進撃が止まらない ソフトBに連勝で首位見えた

公開日:  更新日:

「ここまで来たら明日も取る。こういう結果にすることができたのは大きい」

 試合後の栗山監督が興奮冷めやらない表情でこう言った。

 日本ハムが14日、ソフトバンクとの首位攻防2連戦に先勝。連勝を5に伸ばして、その差を2.5に縮めた。

 先発の吉川(27)が6回を5安打、5四死球と再三、走者を許しながら失点は犠飛による1点だけ。試合後の本人は「しっかりと打者に向かっていけた。守ってもらったし、ナインのおかげ」と相好を崩した。

 粘りの投球で7勝目をマークした左腕が投のヒーローなら、打のヒーローは中田(26)ではないか。両チーム無得点で迎えた三回2死満塁の得点機で打席へ。ファウルを7球打つなど、計12球粘った末に先制の押し出し四球を選んだ。

 中田は本塁打のタイトルを争う4番打者。日本代表の主砲でもある。自分が打線の中心という強い自負も持っている。そういうバッターがファウルで粘り、先制点をもぎ取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る