• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハムの快進撃が止まらない ソフトBに連勝で首位見えた

「ここまで来たら明日も取る。こういう結果にすることができたのは大きい」

 試合後の栗山監督が興奮冷めやらない表情でこう言った。

 日本ハムが14日、ソフトバンクとの首位攻防2連戦に先勝。連勝を5に伸ばして、その差を2.5に縮めた。

 先発の吉川(27)が6回を5安打、5四死球と再三、走者を許しながら失点は犠飛による1点だけ。試合後の本人は「しっかりと打者に向かっていけた。守ってもらったし、ナインのおかげ」と相好を崩した。

 粘りの投球で7勝目をマークした左腕が投のヒーローなら、打のヒーローは中田(26)ではないか。両チーム無得点で迎えた三回2死満塁の得点機で打席へ。ファウルを7球打つなど、計12球粘った末に先制の押し出し四球を選んだ。

 中田は本塁打のタイトルを争う4番打者。日本代表の主砲でもある。自分が打線の中心という強い自負も持っている。そういうバッターがファウルで粘り、先制点をもぎ取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る