“球宴休みボケ”…日ハム西川がヤクルト雄平が「失態プレー」

公開日:  更新日:

 プロ野球の後半戦が開幕した20日、各地で熱戦が繰り広げられ……と言いたいところだが、信じられないプレーが相次いだから締まらない。

 まずは、日本ハム―楽天戦。六回1死一塁で、楽天サンチェスの飛球が左翼へ飛んだ。これを西川が捕球し、2アウト――と思ったら、3アウトと勘違いした西川がボールを左翼スタンドに投げ入れてしまったのだ。

 一塁走者に2個の進塁が与えられ、2死三塁とピンチが広がったマウンド上のメンドーサは、「Oh No!」と頭を抱えて絶句するしかなかった。失点にはつながらなかったが、2位の日ハムは5位の楽天に敗戦。栗山監督は「本人が一番分かっている。オレが言う問題じゃない」と怒りをのみ込んだものの、後味の悪さが残った。

 次はDeNA―ヤクルト戦。失態を演じたのはヤクルトの右翼手・雄平だ。8─3の七回、一塁後方に上がったバルディリスの飛球を二塁の山田が落球。同じ打球を追っていた雄平がファウルグラウンドに転がったボールを観客席のファンにポイッとプレゼントしてしまったから、山田もベンチも慌てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る