“球宴休みボケ”…日ハム西川がヤクルト雄平が「失態プレー」

公開日: 更新日:

 プロ野球の後半戦が開幕した20日、各地で熱戦が繰り広げられ……と言いたいところだが、信じられないプレーが相次いだから締まらない。

 まずは、日本ハム楽天戦。六回1死一塁で、楽天サンチェスの飛球が左翼へ飛んだ。これを西川が捕球し、2アウト――と思ったら、3アウトと勘違いした西川がボールを左翼スタンドに投げ入れてしまったのだ。

 一塁走者に2個の進塁が与えられ、2死三塁とピンチが広がったマウンド上のメンドーサは、「Oh No!」と頭を抱えて絶句するしかなかった。失点にはつながらなかったが、2位の日ハムは5位の楽天に敗戦。栗山監督は「本人が一番分かっている。オレが言う問題じゃない」と怒りをのみ込んだものの、後味の悪さが残った。

 次はDeNA―ヤクルト戦。失態を演じたのはヤクルトの右翼手・雄平だ。8─3の七回、一塁後方に上がったバルディリスの飛球を二塁の山田が落球。同じ打球を追っていた雄平がファウルグラウンドに転がったボールを観客席のファンにポイッとプレゼントしてしまったから、山田もベンチも慌てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    小池女帝の見切り発車「午後10時閉店」に都庁さえも大混乱

もっと見る