日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“球宴休みボケ”…日ハム西川がヤクルト雄平が「失態プレー」

 プロ野球の後半戦が開幕した20日、各地で熱戦が繰り広げられ……と言いたいところだが、信じられないプレーが相次いだから締まらない。

 まずは、日本ハム―楽天戦。六回1死一塁で、楽天サンチェスの飛球が左翼へ飛んだ。これを西川が捕球し、2アウト――と思ったら、3アウトと勘違いした西川がボールを左翼スタンドに投げ入れてしまったのだ。

 一塁走者に2個の進塁が与えられ、2死三塁とピンチが広がったマウンド上のメンドーサは、「Oh No!」と頭を抱えて絶句するしかなかった。失点にはつながらなかったが、2位の日ハムは5位の楽天に敗戦。栗山監督は「本人が一番分かっている。オレが言う問題じゃない」と怒りをのみ込んだものの、後味の悪さが残った。

 次はDeNA―ヤクルト戦。失態を演じたのはヤクルトの右翼手・雄平だ。8─3の七回、一塁後方に上がったバルディリスの飛球を二塁の山田が落球。同じ打球を追っていた雄平がファウルグラウンドに転がったボールを観客席のファンにポイッとプレゼントしてしまったから、山田もベンチも慌てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事