東アジア杯連覇消滅 「Jリーガー」では代表の底上げにならず

公開日: 更新日:

 MF本田圭佑、FW香川真司岡崎慎司といった海外主力組は一人もおらず、メンバー全員がJリーガーの日本代表。対する韓国代表にしても、海外組は中国リーグ所属の3人とJリーグ所属5人の計8人。欧州勢は不在だった。

 中国・武漢で行われている東アジアカップ。飛車角落ちの一軍半同士の対戦となった昨5日の日本─韓国戦は前半26分、DF森重真人がPA内でハンドの反則。先制PKを決められたが、39分にMF山口蛍が右足アウトで同点ゴール。前半を1─1で折り返した。

「結局、そのままのスコアで試合終了となりましたが、大会初戦で1─2と逆転負けを食らった2日の北朝鮮戦と比べると“良化の兆し”は感じ取れました」と現地取材中のサッカージャーナリスト・六川亨氏が続ける。

「北朝鮮戦では、教師=ハリルホジッチ監督からの《タテにスパッとボールを入れろ》という指示を受けた生徒=選手たちが、教師の顔色をうかがいながら忠実にプレー。臨機応変さに欠け、逆転負けを喫した。この日の韓国戦は、前半10分過ぎから日本は1トップの興梠(慎三)以外、あえて自陣に引いて韓国の攻めを待ち受けるスタイルで守り、特に後半に入ると機を見るに敏なカウンター攻撃を仕掛けるようになった。これは、日本の選手たちの自主判断によるものだったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る