• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

先発菊池が好投 西武ドロ沼連敗脱出で“野球の法則”再認識

 仙台で長いトンネルをようやく抜けた。西武が5日の楽天戦に勝って連敗を13で止めた。勝因は、七回2死まで5安打無失点で6勝目を挙げた先発菊池の好投に尽きる。

 連敗中は先頭打者を出して先制されたり、逆転されるケースが目立った。4日の試合も、初回に1番聖沢の打球を外崎がファンブルし、失点に結びついた。

 この日は初回に中村のタイムリーで先制すると、菊池が六回までストレートでどんどん攻めた。しかも、先頭打者を1人も出さずにテンポよく投げたからバックの好捕も呼んだ。

「東北は好きです。友達とか来てくれた中で投げられてよかった。ファインプレーとかいい打球が正面に飛んで助けてもらいながら投げた」と、岩手出身の菊池は言ったが、投手は先頭打者を塁に出さなければ、失点の確率はグンと減る。そして打つべき人が打てば野球は勝てる。

 西武ナインは7月14日以来の勝利で、野球の法則を再認識したはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る