先発菊池が好投 西武ドロ沼連敗脱出で“野球の法則”再認識

公開日:  更新日:

 仙台で長いトンネルをようやく抜けた。西武が5日の楽天戦に勝って連敗を13で止めた。勝因は、七回2死まで5安打無失点で6勝目を挙げた先発菊池の好投に尽きる。

 連敗中は先頭打者を出して先制されたり、逆転されるケースが目立った。4日の試合も、初回に1番聖沢の打球を外崎がファンブルし、失点に結びついた。

 この日は初回に中村のタイムリーで先制すると、菊池が六回までストレートでどんどん攻めた。しかも、先頭打者を1人も出さずにテンポよく投げたからバックの好捕も呼んだ。

「東北は好きです。友達とか来てくれた中で投げられてよかった。ファインプレーとかいい打球が正面に飛んで助けてもらいながら投げた」と、岩手出身の菊池は言ったが、投手は先頭打者を塁に出さなければ、失点の確率はグンと減る。そして打つべき人が打てば野球は勝てる。

 西武ナインは7月14日以来の勝利で、野球の法則を再認識したはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る