先発菊池が好投 西武ドロ沼連敗脱出で“野球の法則”再認識

公開日:  更新日:

 仙台で長いトンネルをようやく抜けた。西武が5日の楽天戦に勝って連敗を13で止めた。勝因は、七回2死まで5安打無失点で6勝目を挙げた先発菊池の好投に尽きる。

 連敗中は先頭打者を出して先制されたり、逆転されるケースが目立った。4日の試合も、初回に1番聖沢の打球を外崎がファンブルし、失点に結びついた。

 この日は初回に中村のタイムリーで先制すると、菊池が六回までストレートでどんどん攻めた。しかも、先頭打者を1人も出さずにテンポよく投げたからバックの好捕も呼んだ。

「東北は好きです。友達とか来てくれた中で投げられてよかった。ファインプレーとかいい打球が正面に飛んで助けてもらいながら投げた」と、岩手出身の菊池は言ったが、投手は先頭打者を塁に出さなければ、失点の確率はグンと減る。そして打つべき人が打てば野球は勝てる。

 西武ナインは7月14日以来の勝利で、野球の法則を再認識したはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る