緒方監督の秘蔵っ子殊勲 広島・野間はレギュラーへ半歩前進

公開日:  更新日:

「きれいなヒットではなかったですが、自分らしさが出ていたと思う」

 4日の阪神戦の七回1死一、三塁。途中出場のドラフト1位・野間峻祥(中部学院大)が安藤からボテボテの適時内野安打を放ってこれが決勝点となり、3位阪神に2.5ゲーム差に詰め寄った。

 昨年のドラフトでは、緒方監督の強い推薦もあり、有原航平(早大)の外れ1位で入団。中部地区担当スカウトの多くが「脚力と肩は抜群。守備、走塁だけなら、プロですぐにレギュラーになれる」と言うほど、評価が高かった。

 緒方監督が入団当初につけていた背番号「37」を背負い、これまで開幕から二軍落ちが一度もないのは、それだけ期待が大きいということだろう。

 ただ、即戦力のドラ1としては、少し物足りない。今季は代走、守備での途中出場が大半。全84試合中、スタメン出場は23試合。外野には中堅レギュラーの丸に加え、ロサリオ、エルドレッド、グスマン、シアーホルツと助っ人勢が控えている。層が厚い外野でレギュラーを取るには、打率.252、1本塁打、9打点にとどまる打撃力に磨きをかける必要がある。地元紙では、「スタメンで活躍して欲しい。そのために二軍経験を積ませるべき」との熱烈なファンの意見が掲載されたこともある。ひとまずこの日の活躍で、ファンも留飲を下げたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る