緒方監督の秘蔵っ子殊勲 広島・野間はレギュラーへ半歩前進

公開日:  更新日:

「きれいなヒットではなかったですが、自分らしさが出ていたと思う」

 4日の阪神戦の七回1死一、三塁。途中出場のドラフト1位・野間峻祥(中部学院大)が安藤からボテボテの適時内野安打を放ってこれが決勝点となり、3位阪神に2.5ゲーム差に詰め寄った。

 昨年のドラフトでは、緒方監督の強い推薦もあり、有原航平(早大)の外れ1位で入団。中部地区担当スカウトの多くが「脚力と肩は抜群。守備、走塁だけなら、プロですぐにレギュラーになれる」と言うほど、評価が高かった。

 緒方監督が入団当初につけていた背番号「37」を背負い、これまで開幕から二軍落ちが一度もないのは、それだけ期待が大きいということだろう。

 ただ、即戦力のドラ1としては、少し物足りない。今季は代走、守備での途中出場が大半。全84試合中、スタメン出場は23試合。外野には中堅レギュラーの丸に加え、ロサリオ、エルドレッド、グスマン、シアーホルツと助っ人勢が控えている。層が厚い外野でレギュラーを取るには、打率.252、1本塁打、9打点にとどまる打撃力に磨きをかける必要がある。地元紙では、「スタメンで活躍して欲しい。そのために二軍経験を積ませるべき」との熱烈なファンの意見が掲載されたこともある。ひとまずこの日の活躍で、ファンも留飲を下げたことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る