ドラ1は3人、進学は11人…「U-18日本代表」の気になる進路

公開日: 更新日:

 決勝戦で先発するなど日本のエースとして活躍した佐藤世那(仙台育英)は、「早大など複数の大学から誘いがあり、本人も進学を考えていた。今回の活躍で地元仙台の楽天をはじめ、複数球団が指名を検討。今大会で自信をつけたことで、プロ志向に傾いたようだ」(パ球団スカウト)

 投手では小笠原慎之介(東海大相模)、高橋純平(県岐阜商)が1位で消えるともっぱらで、遊撃の平沢大河(仙台育英)は2位以上、左腕の高橋樹也(花巻東)も3位以上で指名される可能性が高い。捕手で大会ベストナインに選出された堀内謙伍(静岡)は「社会人のトヨタが熱心。指名を検討する複数のプロ球団と綱引きが始まっている」(前出のスカウト)

■家庭の事情で国立大進学の選手も

 進学組は現時点で11人。全員が関東の大学という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  7. 7

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  8. 8

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  9. 9

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  10. 10

    20年で3倍強に!アメリカの大学「学費高騰」の本当の理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る