“天敵”八木を攻略 広島「値千金の1勝」で3位巨人を射程内に

公開日:  更新日:

 広島にとっては千金に値する1勝だ。

 8日の中日戦で、ようやく“天敵”左腕の八木を5回3得点でKOした。これまで八木と5度対戦し、1勝3敗、防御率0.60。勝った試合もソロ1本、5試合で2点しか取れず、「広島キラー」の名をほしいままにされていたのだ。

 それがこの日は初回にエルドレッドが2ラン。五回には捕手のエラーで加点し、チーム全体では4安打ながら、初めて八木を降板に追い込んだ。投げてはエースの前田が7回無失点でハーラートップの12勝目を挙げた。

 3位巨人とはこれで3ゲーム差。残り22試合で逆転できない数字ではない。しかも、直接対決で10勝7敗1分けと相性の良い阪神戦を7試合も残している。

 懸念があるとすれば、前日まで6勝12敗と苦手にしていた中日戦がそれだった。8月には3連戦の初戦で黒田が八木に投げ負けると、立て直せずに3連敗。このまま中日にカモにされていては、3位浮上どころではない。そんな雰囲気をエースと4番が吹き飛ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る