“天敵”八木を攻略 広島「値千金の1勝」で3位巨人を射程内に

公開日:  更新日:

 広島にとっては千金に値する1勝だ。

 8日の中日戦で、ようやく“天敵”左腕の八木を5回3得点でKOした。これまで八木と5度対戦し、1勝3敗、防御率0.60。勝った試合もソロ1本、5試合で2点しか取れず、「広島キラー」の名をほしいままにされていたのだ。

 それがこの日は初回にエルドレッドが2ラン。五回には捕手のエラーで加点し、チーム全体では4安打ながら、初めて八木を降板に追い込んだ。投げてはエースの前田が7回無失点でハーラートップの12勝目を挙げた。

 3位巨人とはこれで3ゲーム差。残り22試合で逆転できない数字ではない。しかも、直接対決で10勝7敗1分けと相性の良い阪神戦を7試合も残している。

 懸念があるとすれば、前日まで6勝12敗と苦手にしていた中日戦がそれだった。8月には3連戦の初戦で黒田が八木に投げ負けると、立て直せずに3連敗。このまま中日にカモにされていては、3位浮上どころではない。そんな雰囲気をエースと4番が吹き飛ばした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  3. 3

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  9. 9

    ソフトB1位・甲斐野央がかなえた「父のもうひとつの夢」

  10. 10

    東京五輪マラソン「5時半スタート」案に陸連顧問が猛反論

もっと見る