12連戦黒星スタート…阪神を“鬼門”ハマスタの悪夢が襲う

公開日:  更新日:

「やっぱり先発が悪かったな……」

 18日のDeNA戦。ゲームセットの瞬間、阪神OBがこうボヤいた。

 和田監督は今季最大のヤマ場となる12連戦の頭にメッセンジャーを先発に起用。打線は初回に先制するも、メッセが六回に筒香の適時二塁打とロペスの犠飛で逆転を許す。五回まで4四球もわずか2安打。投球内容は悪くはなかったが、何しろメッセにとっては13年4月から勝ち星がない球場だ。

「選手には実力とは関係なしに、相性の悪い球場というものがある。逆に言えば、和田監督はここでメッセが勝てば乗っていけるという計算があったのかもしれないが、裏目に出た」と前出のOBは「解説」した。

 横浜スタジアムが嫌いなのはメッセだけではない。ここは優勝争いをしている時の阪神にとっては鬼門の球場なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る