12連戦黒星スタート…阪神を“鬼門”ハマスタの悪夢が襲う

公開日:  更新日:

「やっぱり先発が悪かったな……」

 18日のDeNA戦。ゲームセットの瞬間、阪神OBがこうボヤいた。

 和田監督は今季最大のヤマ場となる12連戦の頭にメッセンジャーを先発に起用。打線は初回に先制するも、メッセが六回に筒香の適時二塁打とロペスの犠飛で逆転を許す。五回まで4四球もわずか2安打。投球内容は悪くはなかったが、何しろメッセにとっては13年4月から勝ち星がない球場だ。

「選手には実力とは関係なしに、相性の悪い球場というものがある。逆に言えば、和田監督はここでメッセが勝てば乗っていけるという計算があったのかもしれないが、裏目に出た」と前出のOBは「解説」した。

 横浜スタジアムが嫌いなのはメッセだけではない。ここは優勝争いをしている時の阪神にとっては鬼門の球場なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る