• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

12連戦黒星スタート…阪神を“鬼門”ハマスタの悪夢が襲う

「やっぱり先発が悪かったな……」

 18日のDeNA戦。ゲームセットの瞬間、阪神OBがこうボヤいた。

 和田監督は今季最大のヤマ場となる12連戦の頭にメッセンジャーを先発に起用。打線は初回に先制するも、メッセが六回に筒香の適時二塁打とロペスの犠飛で逆転を許す。五回まで4四球もわずか2安打。投球内容は悪くはなかったが、何しろメッセにとっては13年4月から勝ち星がない球場だ。

「選手には実力とは関係なしに、相性の悪い球場というものがある。逆に言えば、和田監督はここでメッセが勝てば乗っていけるという計算があったのかもしれないが、裏目に出た」と前出のOBは「解説」した。

 横浜スタジアムが嫌いなのはメッセだけではない。ここは優勝争いをしている時の阪神にとっては鬼門の球場なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事