• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファン安堵…広島・黒田「10勝」の目標達成で逆転CSに望み

 4位広島の黒田博樹(40)が中4日で昨28日のDeNA戦に先発。8回1失点の好投で10勝目(8敗)を挙げた。

 日米を通じて6年連続12度目、40代投手では球団初の2ケタ勝利。3位阪神との1.5ゲーム差をキープし、逆転CSへ望みをつないだ。

 昨オフ、年俸10億円以上のメジャーを蹴って古巣の広島に電撃復帰。その際に目標を「2ケタ勝利」に設定し、「それができなければ(現役生活に)区切りをつけないといけないと思う」と話していた。

 それでも最大の目標だったリーグ優勝はかなわずに24年連続のV逸。責任を感じた黒田の引退の可能性が関係者の間でささやかれている。試合後、本人は10勝について「何も考えていない」と無表情で一言。周囲はヤキモキしているが、敵地・横浜スタジアムを赤く染めた広島ファンは、この日の勝利で来季も「男気」で現役続行してくれると、確信したに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る