日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神宮での燕胴上げ阻止 4位広島がCS進出へ見せた意地と執念

「絶対に胴上げ阻止!」

 広島の緒方監督が力を込めてこう言った。

「ウチも絶対に勝つんだという思い。残り4試合、地元3試合、選手が1試合、1試合勝つだけ。怖がらず、思い切ってプレーしてくれている。ナイスゲーム!」

 29日、全席完売で超満員となった神宮球場。4位広島はマジック「1」で優勝に王手をかけているヤクルト相手に接戦を制して4連勝。カープファンも大盛り上がりだった。

 中4日で先発した野村が8安打を浴びながらも5回1失点で粘りの投球を見せると、打線も今季は不振が続いていた丸、エルドレッドに効果的な一発が出た。

 ヤクルトからすれば、30日は試合がなく、優勝がずれ込めばずれ込むほど重圧がかかってくる。この日はすんなり勝って、優勝を決めたいところではあったが、かといってCSを狙う広島だって1試合も負けられない状態が続いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事