• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョコビッチ敵なし! ツォンガを寄せつけず今季9勝目

 手がつけられない。男子テニスツアーの上海マスターズ決勝は、第1シードのジョコビッチ(セルビア)が、第16シードのツォンガ(フランス)を2-0で退けた。

 第2セットではライン上に打った自信のショットを「アウト」と判定され審判に詰めよる一幕も。会場からブーイングを浴びたが、チャレンジでポイントが認められ、そのままツォンガを押し切った。

 ジョコビッチは1月のカタール・オープン準々決勝でカルロビッチ(クロアチア)に敗れた後、13大会連続で決勝進出を果たし、今大会の優勝が今季9勝目(マスターズ1000は5勝目)。4大大会のうち3つを制覇し、唯一黒星を喫した全仏も準優勝だった。

「これぞ世界のトップ」と誰もが認めるほどの圧倒的な強さを見せているジョコビッチは、小麦粉素材の加工食品を食べない「グルテンフリー」の生活で肉体改造に成功。数年前に比べて故障がめっきり減った。体のアチコチに痛みを抱える錦織とは対照的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る