首位タイで決勝進出 プロ2年目・大西葵の課題はメンタル

公開日:  更新日:

【マスターズGCレディース】

 初日、ツアー自己ベストの68をマークして2位につけたプロ2年目の大西葵(21)。2日目はスコアを2つ伸ばし、トップに7人が並ぶ混戦に顔を出した。

「優勝する姿? そこまでは考えていません。あまり自分を追い込みたくないので。でもボードを見ちゃうと……」(大西)

 昨年のプロテストに2度目の挑戦で合格した大西は、ビジュアル系プロとして注目を浴びる選手のひとり。シングルプレーヤーの父親の影響で9歳の時クラブを握ったのが、ゴルフをはじめるきっかけ。最終QTで36位に入り、ツアー参戦権を得た。

 しかしフル参戦となったルーキーイヤーは31試合に出場して予選通過は4試合だけと、成績がパッとしなかった。当初は実兄にバッグを担いでもらっていたが、ラウンド中にケンカが絶えなかった。そこで仲のいい青木瀬令奈と練習ラウンドを回った時に「キャディーを交換しよう」と提案、フジサンケイから実の兄をトレードに差し出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る