首位タイで決勝進出 プロ2年目・大西葵の課題はメンタル

公開日: 更新日:

【マスターズGCレディース】

 初日、ツアー自己ベストの68をマークして2位につけたプロ2年目の大西葵(21)。2日目はスコアを2つ伸ばし、トップに7人が並ぶ混戦に顔を出した。

「優勝する姿? そこまでは考えていません。あまり自分を追い込みたくないので。でもボードを見ちゃうと……」(大西)

 昨年のプロテストに2度目の挑戦で合格した大西は、ビジュアル系プロとして注目を浴びる選手のひとり。シングルプレーヤーの父親の影響で9歳の時クラブを握ったのが、ゴルフをはじめるきっかけ。最終QTで36位に入り、ツアー参戦権を得た。

 しかしフル参戦となったルーキーイヤーは31試合に出場して予選通過は4試合だけと、成績がパッとしなかった。当初は実兄にバッグを担いでもらっていたが、ラウンド中にケンカが絶えなかった。そこで仲のいい青木瀬令奈と練習ラウンドを回った時に「キャディーを交換しよう」と提案、フジサンケイから実の兄をトレードに差し出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る