積極策と焦りで自滅…ヤクルト心配するソフトBの余裕っぷり

公開日:  更新日:

「それにしても、ヤクルトはどうしちゃったんだろう?」

 ソフトバンクの球団関係者が、思わずクビをかしげた。

 日本シリーズを2戦2勝で俄然、有利に立ったソフトバンク。この2試合で計23安打8点と野手が活躍すれば、投手陣も7安打2失点。まるで赤子の手をひねるかのごとく投打にわたってヤクルトを寄せ付けなかった。

 が、ヤクルトはリーグ4位のチーム防御率3.31だった投手力はまだしも、打率.257は同1位。ペナントレースでは打力をウリにしていたチームだ。それが初戦は.129、2戦目は.117と、空回りしている。

 冒頭の関係者が言う。

「ヤクルト打線は2試合とも高めのボール球に手を出していた。確かに武田とバンデンハークの両先発はタテの変化球が武器。低めを捨てて、ストライクゾーンを上げるのは間違いではない。でも、胸の高さのボールまで振ることはないのに。少なくとも、パの打者はあんなボールは振らない。しかも、ヤクルトは早いカウントから振り回すから、結果的にウチの投手を助けていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る