積極策と焦りで自滅…ヤクルト心配するソフトBの余裕っぷり

公開日:  更新日:

「それにしても、ヤクルトはどうしちゃったんだろう?」

 ソフトバンクの球団関係者が、思わずクビをかしげた。

 日本シリーズを2戦2勝で俄然、有利に立ったソフトバンク。この2試合で計23安打8点と野手が活躍すれば、投手陣も7安打2失点。まるで赤子の手をひねるかのごとく投打にわたってヤクルトを寄せ付けなかった。

 が、ヤクルトはリーグ4位のチーム防御率3.31だった投手力はまだしも、打率.257は同1位。ペナントレースでは打力をウリにしていたチームだ。それが初戦は.129、2戦目は.117と、空回りしている。

 冒頭の関係者が言う。

「ヤクルト打線は2試合とも高めのボール球に手を出していた。確かに武田とバンデンハークの両先発はタテの変化球が武器。低めを捨てて、ストライクゾーンを上げるのは間違いではない。でも、胸の高さのボールまで振ることはないのに。少なくとも、パの打者はあんなボールは振らない。しかも、ヤクルトは早いカウントから振り回すから、結果的にウチの投手を助けていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る